2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【応急】知ってたほうがよいかもよ【処置】

1 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 21:55:36
キッカーのランディングやコースで怪我している
人って良く見ますよね。
まず一番は上からの衝突を避ける為に脇へ運ぶ?
でも動かさない方が良い場合もあるわけですよね?
まず何をしてそのあとどう動けば良いのか
色んな場合がありますがかんがえませんか?
今年の冬に備えて頭の片隅にしまっときませう

たまには建設的なスレがあっても良いと思いたてました。
助けた方、助けれた方の体験談教えてください。

2 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 21:58:25
逝っちゃってる人の斜面上側にスキー板でXを作る。

3 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 21:59:07


4 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 22:00:13
へたくそは、せんでいい!!!!

5 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 22:17:33
重要なのは
1.頚椎の保護である。その為には傷病者を振り向かせないように接近する。
呼びかけと同時か先に用手的頭頚部固定を開始する。
2.呼びかけや意識状態を大まかに把握する。
3.返事があれば気道は確保されている。返事が適切な答えならば意識も良好である。
4.返事が無い場合。口や鼻の近くで呼吸の有無を聞き臭い、感じて確かめる。
可能ならば上着をはだけ胸腹部の動きも確認するとよい。
呼吸が無い場合は頚部の保護に注意しながら下顎を引き上げるなどで頭部が後屈しないように
気道を確保する。
呼吸が無い場合は頚部や手首の脈を確認しなければ、心マッサージを開始する。

スキー場は結構、

6 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 22:45:13
>>5
パトロールへの通報はどのタイミングでするの?
大抵ヒトリストだから第一発見者だと大変。

7 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 22:55:50
返事が無い時だな。
転倒が派手で明らかに外傷が外から確認できる時は、そのときだろうね。

最近、駅にもAED(除細器)が置かれるようになったけど。
この前も大規模なAED訓練が東京で行われた。
ACLSでくぐるとそういう訓練を受ける機会がわかるかも。

8 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 22:59:48
先生! ちょっとコア過ぎます!
もう少しわかりやすくお願いします!

9 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 23:23:04
ってかさ〜リフトの鉄柱に警報装置つけてほしいよね。
キッカーのあるエリアはとくにさ。
パト呼ぶ時って近くのリフト乗り場で良いんだよな?
でも怪我人をひとりにさせとくのも心配だよな。

10 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 23:23:42
スキー場での受傷の場合はACLSじゃ不十分だな。
JPTEC(外傷病院前救護関係)でくぐると組織のウェッブが出てくる。
医学関係の本を置いてある場所なら、どちらも、そのまま本名になってるから
薄い本でも買ってみたらどうかな。2千円はしなかったと思う。


11 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/02(月) 23:28:49
警報装置の維持(雪面以上に出すとか)で大変そう。
昔はスキー板をクロスで雪に指すと、なんらかの事態が起きたってことだったと思うが。
苗場だけど、リフト乗り場で係員のおじさん(いや、かなりの年にお見受けしたが)
パトに『あそこに長時間動かないでいる客がいる』って連絡しているのを目撃したことがある。

今の時代は携帯の時代だし、スキー場に付いたら楽に携帯にパトの電話番号を
記憶できるようにすれば・・・・。悪用されるかな。

12 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/03(火) 00:01:34
ていうか、緊急連絡に携帯電話はスキー場ではかなり有用でしょ。
まず全コースで携帯電話通じるようにしてくれ。

おながいします。

13 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/03(火) 13:06:50
痛いのは自分持ちなんだから放置しとけ

14 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/03(火) 13:16:37
>>2
逝っちゃってるなら×じゃなくて十字だな。

15 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/03(火) 13:16:50
>>13
放置することによって
パーク閉鎖されるから被害は絶大になる。

16 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/06(金) 22:09:15
山ボード研究会関係で10/22に心肺蘇生訓練
やるみたい。

17 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 16:02:28
age

18 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 17:54:37
経験者いないのかな?

去年女の子がもろ真後ろから初心者ボーダーに
スライディングされて綺麗にバックドロップくらわせれてるのみたが
あれは完全にヤバイと思った。
これをリフトから見ていた。

んで降りていったらまだいた。
女の子はしばらく体操座りしてて男は横で心配そうにしてるだけ。
とりあえずパト呼んでこいよと…頭つよく打ってるんだから。


19 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 18:42:22
体育座りさせる余裕あるならM字開脚ぐらいさせとけよ!

20 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 20:26:10
女の子みたいな名前でつね

21 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 22:00:43
>>19と20
いくら2チャンネルでもこのスレで、そんなフザけたレスするなよ!


22 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 22:25:55
>>18
それならお前がパトもしくはリフト係りにでも声を掛ければ良いんじゃない。
衝突事故を見かけて、座ったままだって言えば良いんだよ。


23 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/07(土) 22:33:10
SJ誌のウイスラーパトロールの日記でパトの救助をジモティの中年紳士が手伝ってた記述があったな。
衝突寸前だった木に『こんな木、切断しちゃえばいいのよ』なんて悪態をつく女性に
中年紳士は『君ね、この木は君が生まれる何十年も前から、この地に生まれ育ってきたんだ。
その木に対し、もう少し尊敬の念を持てないのかね』
で、女性は沈黙したってさ。

市中の心配蘇生なんかは、失敗しても『良きサマリア人の法』で救助者は
罰せられないんだが。スキー場ではどうかな?。
心肺蘇生は数分が勝負だが。

24 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/10/27(金) 21:24:25
自分の職場にAEDが設置され講習も受けました。
各スキー場にも設置して欲しいですね


25 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/11(土) 23:57:20
>>23
良きサマリア人法は日本にはないと思うんだが。
確か、違法阻却性が認められるだけ。

良スレage

26 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/12(日) 00:28:19
良スレ上げ2
明日は我が身。
このスレは荒らさないで欲しい。
色々な視点はあると思うが、みなスノースポーツをたしなむ者として、イザという時の対処法を考えておくのは、大切な事だと考える。
スレ主に感謝。

27 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/14(火) 05:44:57
>>24
AEDは水分が多い場所では放電だったか漏電だったか…えーと
とにかく水分だらけのスキー場では安易に使えないってことで
簡単に設置するのは難しいそうです。
パト担当が言ってたんだけど建前じゃないよね…

28 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 10:29:57
現役救急隊員の俺から言わせてもらえれば、ゲレンデでのCPA(心肺停止状態)なんて
そうそうお目にかかるもんではないと思うが。
外傷性CPAは助かる率がほとんどないというのも定説だし…。
(ただこれは、交通事故等、派手な外傷の場合なのかもしれん。
 見た目で明らかな外傷は無いけど打ち所が悪くてCPA、なんて症例の統計なんてあるのかな?)
よって、CPR(心肺蘇生法)やAEDの使用方法よりかは、すり傷・骨折・脱臼等の簡単な手当てなんかが現実に即してんじゃね?
もちろん、いち救急隊員として救急法が普及して欲しいとは思っているけど。
まぁ、医者でもない俺たちができるのは固定ぐらいなもんだよ。
なるべく痛くないように病院まで搬送できるように。

29 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 12:17:57
でも正直一番知りたいのは生命や将来の生活に支障を来すような怪我の対処法

って言っても素人の我々は怪我人がどの状況かも判断が付かないので
基本中の基本を何方か教えてくれませんか?
あとウィンタースポーツで発生しやすい怪我の対処法とか

30 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 12:48:54
脱臼した時って
勝手にはめてもいーの?

病院行く前に救護で勝手にはめられたりするよね
前、病院行った時当直の内科医に
はめられて、整形外科医が到着した時に

「腕こーしたらはまった」
以前の見様見真似で初処置らしい
「うん、いいよ」
って えーー!

てなカンジでしたが…
まぁ レントゲン撮ってもフツーだった

31 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 13:12:42
脱臼はしたら勝手に自分ではめないようにしましょう、自分は脱臼した時自分ではめて医者に行かずほかってたら脱臼が癖になった、癖になるとほんと辛い…

32 :センタンの王将アイスの先端 ◆50..zzz5PU :2006/11/16(木) 13:19:33
まぁ三角巾を常に携帯して使用方法でも学んでおいておくれ
止血から固定
色々活用方法があるから。

33 :センタンの王将アイスの先端 ◆50..zzz5PU :2006/11/16(木) 13:21:41
tp://www.hirane119.jp/atto/04_teate1.htm


34 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 14:55:45
その場ですぐやらなきゃいけない応急処置といえば
心停止時のCPRと大出血時の止血ぐらいだな。
あとはとっととパト呼んで搬送したほうがよい。

パトを待ってる間に
骨折・脱臼・打撲なら即座に雪で冷やしたほうがいいけど
ショック症状で寒気を感じるようなら保温。

腕や肩の負傷で自分で滑れる場合は、
三角巾などで適当に固定して救護室へ。

傷害保険請求への証明になるので軽傷でも一応救護室へ。

35 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 15:22:49
>>31
それは自分ではめて
病院行かなかったからじゃない?
病院は必ず行かなきゃ
はめるのはOKじゃ?

36 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 16:04:45
私はパトロールをしています、正直スキー場にAEDは必要無いと思います。
最近のパトロール事情は毎年やる気の無い新人ばかりで、ただスキーを滑って
お金が貰えると思ってて、実際1シーズンすると、せっかく教えたのに
次のシーズンは来ない人ばかりです、
だからAEDがあっても使いこなせないと思います。
後、CPRはスキー場では、もう手遅れの人にも行います。
脱臼は基本的には入れません、医療行為になるからです。
脱臼を入れてくれるパトロールは無責任だとおもいます。

37 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 16:20:11
人様の板をかっぱらう不届き者もいるからな・・・

命に関わることだから、導入するならきちんと徹底教育しないとダメだね。

38 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 16:27:30
頸損は疑った方がよくないか?

39 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 16:27:53
スキーパトロールならAED使いこなすぐらい当然と思っていたがそんなものか。
安定した職業としての地位が確立されないと人材も集まらないってことか。

40 :センタンの王将アイスの先端 ◆50..zzz5PU :2006/11/16(木) 16:34:09
パトロールは未然防止が一番の仕事ですから
医者じゃないしなぁ
パトロールって予算も少ないらしいよ
よくがんばっているなぁと思うよ

止血と固定は指導員の養成でかなりしつこく教わった
役に立つんだよな結構。

41 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 18:51:24
アルバイトパトロールだと仕方ないのかな?

42 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 20:56:48
AEDは必要だと思う。まず、AEDは素人でも扱えるように除細動器を作り直したものだし、
パトロールのレベル云々は問題ではない。要は訓練を毎月行えば良いこと。
昔読んだ雑誌にスキー場での脳卒中発作が多いとあった。同じ血管系の心臓発作も多いのではないか?
また、昨今の深雪ブームで窒息事故もおきてるようだし。
確かに降雪時とかは使用しづらいかも知れんが何かシートなどを使えば晴天時は使用可能だろう。

43 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 21:38:33
>>31
会社の後輩で、左腕に脱臼の癖を持ってる
香具師がいるけど、そいつは自分ではめたり
素人にはめてもらったことは無いらしい。
っていうか、脱臼で毎回救急車呼んじゃうらしい。

ってことは、病院行っても下手な医者に
はめられたら、癖になるって事だよね?


44 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/16(木) 23:42:16
こればっかりはしょうがないよ。
いつでもどこでも専門医の治療が受けられる訳じゃない。
スキー場なんて僻地だし医者が居るだけでも珍しい。

田舎に住むには都会なら助かる病気でも死ぬことがあるという覚悟と諦めが必要。

45 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/17(金) 21:40:25
>>43
って言うか、某有名スキー場にある某医大整形外科医局派遣冬季出張所で
そこの整形Drは脱白復旧法を覚えるらしい。

>>44
都会でも週末や夜間は似たようなもんだ。

46 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/17(金) 23:00:33
42さんへ
素人でもと言うが、まじめにパトに取り組んでる人は、
AEDの講習とか受けて頑張っていますが、
今はパトがしたいとかパトに憧れる人はあまりいません。
悲しい事にアルバイトに来る人はパトも索道も変わりないと思っています。
スキー場側もパトはただのアルバイトと思っています。
パトにプライドを持って仕事をしている人は、
最近は少ないような気がします。


47 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/19(日) 13:47:30
>>43
じゃ 脱臼をはめるのは必ず医師でなければ
って訳じゃないみたいですね

レントゲン撮ってからはめる訳じゃないし
待つより早くはめた方が
いいみたいですね…
その後ちゃんと病院行けば。

48 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2006/11/20(月) 16:35:50
薬もここでよい?

漏れの常備薬とサプリメント
・ノーシン(頭痛薬)
・ストッパ(下痢止め)
・キズパワーパッド
・アミノバイタル
・タクティPG

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)