2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阪急タイガース???ってお前ら

1 :バーンと打て川藤:2006/07/10(月) 19:13:40 ID:i5jhQOZz
先日のプロ野球オーナー会議にて、阪急・阪神の株式統合を理由として、
1935年12月10日の球団発足から71年を迎える『阪神タイガース』が、
『阪急タイガース』との認識により、一昨年の楽天と同様に総額100億円の
新規参入費を納入するべく、可決されたのです。

阪神側は「阪神タイガースはあくまで阪神電鉄が100%所有する子会社であり、
阪急との株式統合がなされたとはいえ、統合前の阪神タイガースと何ら変わる
ものではない。」と、各オーナーに理解を求めましたが、最終の保有権が阪急
ホールディングスにあるという原則論を持ち出すオーナーもいて、結局阪神側の
主張が退けられた形となってしまいました。

勿論、原則論は正しいし、かつて阪急が球団経営を手放した時、保証金の20億円を
支払った経緯はあるかもしれませんが、なんとなく腑に落ちません。

野球人気が凋落し、かつ景気が回復しているとはいえ、野球離れ=ファン減少の危機が
叫ばれてる現在で、プロ野球を経営するオーナー達は何を考えているのでしょうか?

2 :無礼なことを言うな。たかが名無しが:2006/07/10(月) 20:04:46 ID:HkiN6hea
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
■■■■■□□□■■■■■■■■■■■■■■■■□□□■■■■■
■■■■■□□□■■□□□□□□□□□□□□■■□□■■■■■■
■■■■□□□■■■□□□□□□□□□□□□■■□■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■
■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■□□□■■□□□■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■□□□■■■□□□■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■□□□■■■□□□■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■□□□■■■■□□□■■■■□■■■■■■■
■■■■■■■■■□□□■■■■■■□□□■■■□□■■■■■■
■■■■■■■□□□□■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■
■■■■□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3 :無礼なことを言うな。たかが名無しが:2006/07/10(月) 21:34:39 ID:tQJz/Bco
こうなったら開き直って「西宮阪急ブレーブス」にチーム名を変えた方がいい。

4 :バーンと打て川藤:2006/07/18(火) 15:16:59 ID:aSW1DCvc
阪神が30億円問題で徹底抗戦
2006年7月18日(火) 10時10分 日刊スポーツ

5日のオーナー会議で阪急ホールディングスとの経営統合が保有者の変更と判断され、
預かり保証金など30億円を課されることになった阪神が“徹底抗戦”に出ることになった。
17日、阪神牧田俊洋球団社長(55)は「何らかの申し入れをして、次のステップに
進むことを考えている」と話した。阪神が準備しているのは「質問状」もしくは「再審議願」の
いずれかで、球宴後にコミッショナー事務局に提出する見込みだ。

この日、巨人戦が雨天中止となった甲子園球場で牧田球団社長は、30億円問題について強い
姿勢を示した。「球団内で逐一、話し合っています。何らかの申し出を行い、次のステップに
進めていきたい」と明言した。近日中に球団役員会を行い、申し出の内容を協議。球界の祭典に
配慮し、球宴明けを待って「質問状」または「再審議願」をコミッショナー事務局に提出する
ことになった。

5日のオーナー会議に出席した宮崎恒彰オーナー(63=阪神電鉄取締役)は、球団運営は
これまで通り阪神電鉄が行うことを説明。他球団のオーナーに理解を求めたが通じず、阪急との
経営統合は保有者の変更と判断され、預かり保証金など30億円の支払いを求められた。
71年にわたって球界に貢献してきた自負がある阪神にとって“新規参入扱い”は到底納得できる
ものではない。

加えて、決議に至る過程が不満を増幅させている。オーナー会議2日前の実行委員会で、野崎連盟
担当が各球団に統合形態を説明した。しかし実質審議はされず、オーナー会議に先送りされた。
ただし阪神サイドでは、この議案をオーナー会議に諮る旨の通達は事前になかったと認識している。
野球協約第22条では、オーナー会議開催日の3週間前までに会議の目的事項の明示を義務付け、
また、あらかじめ通知された事項以外の議決を認めていない。阪神にとって「即日決議」は不意打ちを
受けた格好だった。統合は10月1日とまだ時間があり、結論を急いだコミッショナー・サイドにも
不信感を抱いている。

阪神側は、しっかりとした手続きを踏んだうえで協約に基づいた最終判断と納得できれば従う構え。
だが、このまますんなりと妥協する状況にはない。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)